カントン包茎の症状

カントン包茎とは、勃起時に亀頭がすべて露出しないタイプの包茎を指します。また、手を使って皮を剥くことも可能ですが、包皮輪が狭いためにカリの下で締め付けられるような状態になってしまうことが特徴の一つと言えるでしょう。

どうしてカントン包茎が早めに手術したほうが良いのかということですが、無理に皮を剥いてしまうと亀頭の下がはれ上がってしまい皮が元に戻らなくなることもあるからです。こうなってしまうと緊急手術さえ必要となりますから、そのような状況に陥ってしまわないためにも早めに改善したほうが良いのです。

一概にカントン包茎と言っても人によって症状の度合いは変わってきます。勃起したときに亀頭の半分くらいが皮から出る方もいれば、何とか亀頭を出すことができるもののカリの下が締め付けられる方もいます。さまざまな状態のカントン包茎がありますが、いずれにせよ早期の改善がおすすめなのは言うまでもありません。

女性と性行為に及ぼうとしたときに無理をして皮を剥いてしまい、結果として皮が元に戻らなくなったとなると最悪です。前述の通りこのような状態になると緊急手術が必要となりますし、痛みも生じます。いつなんどきこのような状態に陥るか分かりませんから、早めの手術を検討しましょう。