包茎手術の方式について

包茎手術には実にいろいろな方法がありますが、もっともポピュラーな手術方式として知られているのが環状切開と呼ばれる術式です。さまざまなクリニックで採用されている方法の一つですが、これはペニスを伸ばした状態で余った包皮を切除して縫合するといったシンプルな手術方法となります。

包茎治療専門のクリニックや美容クリニック、泌尿器科などでも採用されている方法です。性的感度が低下してしまうリスクも低く、包皮がつっぱってしまうこともありませんが、手術の跡がやや目立ちやすいというデメリットもあります。

亀頭直下埋没法と呼ばれる手術も現在では割とポピュラーです。多くの美容クリニックや専門クリニックで採用していますし、傷跡がほとんど分からない手術として人気です。カントン包茎の治療においても効果的な方法となっています。

ほかにもバックカットやナチュラルピーリング、複合曲線作図法といったさまざまな手術方式が存在し、それぞれに特徴があります。切らない手術として有名なのは医療用接着剤を使用する根元部固定法ですが、この手術は仮性包茎にのみ効果的でカントン包茎や真性包茎の手術には適していませんので選択肢から外しておきましょう。